« 2017年1月 | トップページ

2017年3月21日 (火)

久しぶりに…「大切とは」

「ブログ見て来ました」というお客様が先週末にちらほら…,
いったいどれだけここを放置しているのかと恐る恐る開けてみると何とお正月から更新してませんでした。

昨日3月20日は大津プリンスで近江の地酒でおもてなし条例制定記念のお手伝いでした。
組合関係のお手伝いを始めて8年くらいになります。
お店を開業して11年。
滋賀の日本酒主体のバーなんて潰れるよーと言われた開業からおもてなし条例まで…ここまで来たかという感があります。

蔵元一同は皆さん最初から応援している方をとても大切にされています。こちらとしては恐悦至極、有難き幸せだと感謝。

「大切」とは何か。
今現在に至るまで心を尽くしてくれた人々。
今も目の前に居て気遣ってくれる人。
無くしたら淋しい切ないもの。
自分よりもその大切なモノとヒトを優先すること。
その大切さに「今」気がつくこと。

無くしてから「大切だった」というのは堪え難い苦しみに襲われることを何となく知りながら、何故か「今の大切」を今、大切にできないならそれはきっと本当に大切だとは言わないのです。

大切なものというのは心の中に様々な葛藤を抱えつつも「やはり大切だから大事にしよう」と行動することのみ相手に伝わるかと…。

Samurai girlというちっぽけなお店を大切にして頂いてるお客様と蔵元さん達。
その気持ちを受けてさらに滋賀の酒を大切に売ろうとしてる私。

これを相思相愛と言うのでしょうか。

居なくなってからでは遅いというのは人の心を掻き乱す材料にしかなりません。
ヒトもモノも今この時だけを大切にして時を積み重ねて行くことが生きているという喜びですね。

では、引き続き大切な滋賀の酒をみなさまにオススメしていきます‼️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ