« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月26日 (木)

新しいカタチの日本酒ラウンジBARとして。

10年前に「日本酒ガールズバー」として始めた時から冠がラウンジバーになっただけであまり変わっていません。
この10年間、東京や大阪からわざわざお越しになる方も多く店の名前だけは他府県の日本酒好きの方に知って頂けるようになりました。またよく「見かけたことが無いね、こういう店は」と言ってもらえます。

新しいカタチ。
ただそれは古きを温めなおしているだけです。
日本酒も歴史とともに進化してきました。
お店だって「女子だけでやってる=カラオケ=ボトルキープ」だけではありません。
私は「スナック」とは一つの日本文化だと理解していますが、そうではないカタチがあっても良いではないかと10年間頑張っています。

日本酒。
最近のものは白ワインよりも芳醇で美味しいと断言します。特に私が取り扱う滋賀の酒は素晴らしい進化を遂げています。
まあ、それは大手メーカーには無い蔵元の魂みたいなもんがあるからでしょう。

Samurai girlはSamurai girlであらねばならない。

時に人から理解を得られなくても
それをなるべく理解してもらえるような店作りをしなければと思います。
理解しなくても良いからというのは余りに傲慢と思う昨今。

先日は久しぶりの県外酒 奥能登 白菊 純米吟醸を入荷しました。石川県 白藤酒造醸造。

10号酵母、磨き50、火入れ、アルコール度数16パーセント。
なんとも上品な味わい。
まるで初夏に白いワンピースを着た涼しげで可愛いお嬢さんに出逢ったかのように可憐な酒です。

ぜひご来店下さいませ。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

SNSとは。

諸々の事情でfacebookを一旦休止しています。
お客様にとって便利だと感じていたし、弊店はお食事主体でなくお酒とお話しがメインなので店主の思うことも書いてきました。半分は店主のマスターべションに近い部分もあったやもしれません(笑)

果たしてSNSは本当に集客ツールであるのか?
休止して10日ほどが経ち時に不便を感じることもあります。
またLINEの販促アカウントもとって試行しています。(魅力はポイントカードのみ)

LINE販促ツールとfacebookとでは何が違うのかというと圧倒的にfacebookは使いやすくLINEは分かりにくい仕様だと感じました。
まあ、それでもお客様にとってポイントカードはとても良いと思うのでぼちぼちやっていきます。

6年くらい前にTwitterが登場し「集客に繋がるよ!」と言われ始めて余りの書き込みの自由さに恐れをなし暫く止めて、その後facebookに移動。
お客様のお名前が分かるし昔の同級生ともまた繋がれるのでメリットはありました。
しかしながら、全くの個人という訳でもなく事業主という点ではある意味不便なものです。
また休止したり退会すると「変な人」というレッテルもたまに頂きます(´>_<`)
実は毎日お客様に接するだけでも精一杯ですからネット上であーだこーだとなってくると店主の前に人間ですから非常に複雑な気分となります。

ですから、只今は原点に帰ろうキャンペーンを自分の中で始めようとしています。
開業当時はSNSはミクシィは登場したばかりの記憶が残ってます。お客様とミクシィの株式上場の話題で話した記憶がありますが、それもfacebookに飲み込まれた感がありますね。

もう一度お客様に来ていただく秘訣なんてSNSにはありません。
私の20年以上の接客業経験では唯々精一杯おもてなしすることしか知りません。
ちょっと新しいモノに頼り過ぎたようです。

このブログもfacebookの記事ばかり先行して全く更新せず。
SNSをしておられないお客様のことを忘れてしまっていた怠慢な店主でした。


原点に立ち返りまして滋賀の酒や他府県の美味しいお酒もお知らせしていますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

Samurai girl 店主


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月10日 (火)

「秀一 the scarlet 2016 旅立ち」の発売について

今期より自身の蔵を再開させ再出発した中澤酒造さん。
先日、秀一2016の完成試飲を二人でしました!
以前の2014と2015は畑酒造で間借りしての醸造でした。
2016は水も蔵も変わったので恐る恐るお酒を利くと…素晴らしい味💟
安心しました。

発売はもう少し寝かせてからと中澤酒造さんは話しておられました。
その前に池田秀一さんに試飲してもらわなきゃ‼️

皆様、今しばらくお待ちくださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »