« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

10月ノマトメ。

10月6日秋晴れの日。
大津プリンスホテルにて開催された滋賀県酒造組合主催の大型イベント「地酒の祭典」で四回目!の受付のお手伝いに伺いました。
2000名を超える滋賀の日本酒ファンの方に楽しんでもらえるようスタッフ一同笑顔の一日でした。


1383164901222.jpg


10月20日 秋雨の日。
彦根ビューホテルにていつもお世話になっている酒舗まえたにさんの100周年記念パーティにお客様と共に参加。
11蔵の蔵元さんも勢揃い!素晴らしいアットホームな会でございました。

1383164902277.jpg

1383164903037.jpg
そして、昨日の10月30日
病み上がりのとある社長さんが大きな大きな箱を持って来られました、
少し前にあたくしが書いて差し上げた書が大きな額に入れられて立派になっており、驚きました。
お元気になられてよかった!と痛感し感謝で胸がいっぱいでした。
少しの間飾らせて貰います。
ありがとうございます!

「天に星 地に花 人に愛
戦いに勝利」

愛情溢れる10月でございました。

これも全て日本酒がもたらしてくれたご縁。
さて、サムライの月の11月です。

皆様のお越しを愛情を持ってお待ちしています。

1383164903806.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

10月6日は!

10月6日 日曜日は、
滋賀県酒造組合主催の「地酒の祭典」のお手伝いのため、お休みさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ!

Samurai girl店主

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

日本酒〜父への想い〜

よく皆さんに聞かれます。
「何故お酒も飲めないに日本酒の店をしたのか?」と。

私の生家は私が25歳までの50年間、ずっと地方の政治に携って来ました。祖父は政治一筋。父はお商売もしながらでした。
それがどう日本酒と関係があるのか?と思う方もいてはるでしょう。

人が大勢集まり、その度に湯煎では追いつかないからとヤカンで燗酒を作り振る舞うというのが日常でした。
子供ながらにその宴のあとの残り香は人が賑やかに集まった証拠の香り。

選挙に当選すると所狭しと並ぶ酒。
ワインでもビールでも焼酎でもなく、
日本酒。
「当選祝い」と書かれた日本酒です。

父は59歳の時に脳梗塞で倒れ、それ以前の怖くて優しい父はまるで子供のようになってしまいました。

妹の結納の日、いつものように父の係りの私は身支度を整える為に、
父をお風呂に入れ、足の先から頭の先まで綺麗に洗っていました。

「お父さん、一番下がお嫁に行くから、今日は結納やよ。綺麗にしとかなあかん。
元の議員さんと社長やった頃に帰らなあかんやん。」
父は解ったとうなづきました。


髭もそり、伸び切った眉毛も整え、ポマードを引っ張り出して髪を綺麗にとかしつけ、モーニングを着せて家族親類の前に登場させると、
「元に戻った!!!」と絶賛。

扇子を持たせて、眼鏡もかけさせ、
「結納やからもうすぐお仲人さん、来はるから、お父さん」と言うと、
「知ってる!何度も言うなっ!」と昔のように叱られたりしてました。

「今日はおめでとうございます。」と挨拶する親戚に父は、
「ようお参り」と法事の挨拶をしていて、
病の重さを痛感したのを覚えています。


66歳で亡くなるまで、いざという時父の身支度をした私。

父との思い出はこの身支度と、
愛された数々の出来事と、
そして、当選の時も落選の時も傍にあった日本酒の残り香です。


それがどうなんだと思う方もいてはるでしょう。

でも、人にはそれぞれに家族以外でも心に深く根付く想い出があるはず。
誰にでもどんなにちっぽけでも想い出は大切なもの。

父が愛した日本酒。
その残り香に包まれて、お客様の想い出のお話にお付き合いしたい。

ま、ここまで書いた結果、
ただのファザコンやなぁと思います。でも、

愛情があるから、
愛情を注いで貰ったから、
その想い出があるから、
人は何とか頑張れるわけです。


私の中の想い出の日本酒。
きっと皆様にもあるのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

日本酒の日につき☆

本日は日本酒の日ですね!

滋賀の日本酒、古酒も含めて大吟醸まで2時間飲み放題を行います!

本日10月1日と2日の両日限り♡
2時間 純米から純米大吟醸、古酒も含めて5000円。
フードは別とさせて頂きます!

皆様のお越しをお待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »