« アコーディオニスト角谷精三氏との出会い。 | トップページ | 何も知らない。 »

2013年6月27日 (木)

非日常と日常。

あのドア一枚からいろんな方がお越しになって、
まるで非日常かと勘違いしてしまうというか、夢なのか現なのか解らなくなる時もしばしば(笑)

列記とした現実なのですが、ね。

これは日常に起こってることなんだよと自分にもスタッフにもいいかせる事があります。

変な感覚です。
お店が閉まれば、帰路につき家に帰り、何だかワサワサしたごく普通の時間を過ぎて、
また、身支度を整えてお店に向かう。

そこに待ち受けているのは、まったく普通の非日常。
お酒をお出しするということはそういうこと。

日常の中に非日常がポツンと佇む毎日です。

お客様の楽しいを作り美味しいをお探しし、
何だかねぇという方の話を聞きながらも、
心を許せる瞬間があることに感謝しています。


このお店は私の夜のお城でありお家のようなもの。
ここに帰って来てもらえたなら、おかえりなさい!と迎えたいのです。

ご紹介制ですと言うと、お高くとまってるねとおっしゃる方もおいでですが、どんな方でもどうぞという訳には行きません、何しろお城でありお家のような空間ですから。

また、今夜も新しい出会いとお帰りなさい!で皆様をお迎え出来ますように…

|

« アコーディオニスト角谷精三氏との出会い。 | トップページ | 何も知らない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561487/57673249

この記事へのトラックバック一覧です: 非日常と日常。:

« アコーディオニスト角谷精三氏との出会い。 | トップページ | 何も知らない。 »